【台湾 9日】 馬総統がパラグアイ副大統領を授賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

8日、台湾の馬英九総統は,二国間の促進に努力し、認識と貢献を深めたとして、特別グランコルドンとブリリアントスターの栄誉を、パラグアイの副大統領フアン・ユード・アファラ・マシエル氏に授与した。メダルを受け取った後、アファラ氏は、この名誉は自分のための偉大な個人的名誉だけではなく、両国が最初に1957年に外交関係を確立した後、58年間もの間、協力と友情を積み重ねてきた継続的な成果を象徴していると感想を述べた。8日の夜に、呉敦義副総統は,アファラ氏はグランドクロスのグレードであり、パラグアイの国家秩序を与えているとしてその名誉をたたえ、大統領府でディナーパーティを開催した。パラグアイの9人の代表団の代表として、アファラ氏は台北のナショナルデー(国慶日または雙十節10/10)の祝日に参加するために7日、台湾に到着したもの。11日に帰国するまで、アファラ氏は、他の政府関係者と会談の機会を持ち、国の経済や文化施設を訪問する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存