【フィリピン 9日】 ビネイ氏『必要なのは正当な解決策ではなく早急な解決策』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ビネイ副大統領は、フィリピンが必要なのはアキノ政権の「正しい道」的方法ではなく、自分が推める「高速な道」的方法であると語った。ビジネスコミュニティ番組の大統領シリーズで8日の夜、副大統領は成長には、現在のようなまっすぐだが狭く、ゆっくりな道では十分でないと述べた。私たちは「高速車線」が必要なのだと。ビネイ氏は、再び法人税を30%から25%に下げ、税制改革を追求することを強調した。また、国の高速インターネットアクセスを確保するために、情報技術部門を作成するとも語った。副大統領は技術教育と技能開発局のの予算を増加させ、技能訓練の全国システムを作成することに重点を置くことによって、中小企業を後押しする計画だという。ビジネスのしやすさを促進するために、彼は従来16ステップあって34日かかっていたものを6つのステップで14日に短縮し、事業者登録のプロセスを合理化し優先順位をつけるとも述べた。今年初め、アキノ政権は、6段階の削除と8日間短縮する独自のイニシアチブを発表している。さらにビネイ氏は,労働者階級が過負担であることを訴え、所得税を下げて政府に30億ペソの負担を持つことを強調し、それは2016年の政府予算の1%弱でできるとした。より多くの収入を市民に与えることが必要であり、消費を通じてより多くの政府の税収入をもたらすことは経済循環として大事だと強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存