【台湾 8日】 アジアの中で終の棲家として最適な台湾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

6日、台湾は、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットがまとめた2015年の死の質を比較した指数によると、アジアの中で終の棲家として最適な場所として評価された。世界の富裕層の大半は、裕福なヨーロッパ、アジア太平洋地域と北米の国に集中しているが、その国民保健サービスが充実したイギリスは、常にランキングの上位にある。6位である台湾は、ランク上、アジア圏での最も高い国になった。死の話が通常タブーである社会では、介護サービスとソーシャルメディアを使用することによって死の話の激励のためのコミュニティ・エンゲージメントが発達し、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットによると、台湾が最も国民の老後生活の意識を高めているという。台湾はホスピスによるケアシステムを初めて導入した世界で有数の国の一つであり、 2000年には、ホスピスまたは安楽死を認める法律が可決されている。この5年間で台湾は、尊厳をもって死ぬためにそれらを準備するため患者に精神的なケアとサポートを提供するケアシステムへの心理学の導入の改善も始まっている。しかし、人的資源の配分や病院やホスピスの環境となると改善の余地があることも強調され、政府は農村部でケアサービスの提供をより多くを行う必要があるという。ランキングは病院やホスピスの環境、スタッフの数とどのように訓練されたかなど、そして終末期のケアの費用などを基に算出されたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存