【台湾 7日】 台湾は世界で13番目の軍事大国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台湾の軍事力は、スイスの多国籍金融サービス、クレディ・スイスによって公開された最新の研究報告によると、米国をトップとした世界的な軍事力ランキングにおいて、13番目の大きさと評価された。米国はクレディ・スイス研究所9月の報告書によると、0.94の全体的なスコアで第1位となった。これに続くのは、ロシア(0.8)、中国(0.79)、日本(0.72)、インド(0.69)、フランス(0.61)、韓国(0.52)、イタリア(0.52)、イギリス(0.5)、トルコ(0.47)である。さらに0.41のスコアでパキスタン、エジプト(0.34)、台湾(0.32)、イスラエル(0.32)、オーストラリア(0.3)、タイ(0.28)、ポーランド(0.23)、ドイツ(0.19)、インドネシア(0.12)、カナダ(0.1)が続く。実働的な人員、戦車、攻撃ヘリコプター、航空機、潜水艦、そして経験値。クレディ・スイスは近代戦の実力を査定するために、6つの重要な要素を識別し、総合軍事力指数を作成している。しかし、報告書では。従来の力は軍事力の唯一の指標ではないことに注意している。それは、ロシアと米国がストックホルム国際平和研究所の年鑑2015によって提供されたデータによれば、核兵器の世界的在庫量の90%以上を占め、これも大きな要素となるからだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存