【台湾 2日】 低炭素へ向けて澎湖を支援する台湾電力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

1日、低炭素観光地を目指す澎湖県の開発に関する政府の政策に沿って、国営台湾電力会社は、島郡内の3つの異なるエリアに11基の新しい風力タービンを建設すると発表した。白沙郷の湖西と講美村と赤崁村に配置する6基は、工事が完了すれば33000キロワットの総発電容量を持つことになる。これは台湾電力によると、年間の二酸化炭素排出量の62310トンの削減につながるという。同社は、地域住民にこのような現在のローカル環境条件と環境保護の対策として建設プロジェクトの詳細を説明するために10月中に現地の各地コミュニティセンターでの環境影響評価会議を開催するという。会議は一般に公開される。また発電機の建設中は、地元の大気汚染、騒音、振動制御、道路交通問題、および陸域生態系などから、地域住民の日常生活上の影響を軽減するために、監視されるという。2002年に承認された風力発電開発プロジェクトでだが、内閣は今後10年以内に澎湖県で200基の風力タービンの合計を設定することを計画している。しかし、まだ出来上がって稼働しているのは14基である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存