【フィリピン 2日】 フィリピンは炭素排出量を70%削減する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フィリピンは2030年までに炭素排出削減を、エネルギー、輸送、廃棄物、林業、および産業部門から多角的に行うと国連で発表した。しかし、この実現には援助を条件とする。フィリピンは2030年までに70%の炭素排出量をカットすると、1日に国連で誓約し、気候変動のため炭素排出削減の準備に世界的な努力を貢献として表す文書が提出されたと、気候変動委員と事務担当のルシル・ゼーリング氏は述べている。それは、国連がこの炭素排出削減の決定貢献に定めた最後の日の提出であった。またフィリピンは、台風や干ばつなどの気候変動の影響のために、国民に役立つ対策を設けていくことも約束した。ただし、70%の削減目標は、国際社会からの援助に依存している。技術開発と設備投資を含め、財源の援助を期待している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存