【台湾 1日】 台湾で最も幸せなリビングエリアは花蓮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

30日、この日リリースされた2015年国民幸福度指数の調査によると、台東県及びオフショア澎湖県に続いて、台湾に住んで一番幸せな場所として花蓮県が評価された。新北市、嘉義県と雲林県も台湾の20の郡と市の調査に基づいているインデックスによれば、幸せな都市としてランク付けられている。この調査では、新北市と台北市が国の6特別自治体の中で最も幸せなことを示した。第4位だった桃園は、6つの自治体の中で唯一全国トップ10にリストされている。他の三つの特別自治体の台南、高雄と台中は、それぞれ、全国の12位、13位、14位にランク付けられた。幸福二対する住民の主観的な感情が強いワーク・ライフ・バランスに満足度、生活環境、教育、環境の質と地方政府のパフォーマンスなどが加味されて総合的に評価さらた花蓮は台湾に住んで一番幸せな場所としてランクされたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存