【台湾 1日】 デング熱の症例数が18879件に上る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

1日、台湾で報告されたデング熱の感染者数が18879例に達したと、疾病管理センターが発表した。昨年に記録された15492例を大きく超えたものとなっている。最新の数字は前日から514例の増加を表し、30日の時点で、南部の台南の自治体で16211例、近隣の高雄で2,356例とこの二つのエリアだけで最悪の数が報告されている。台南単独では、前日から418増加している。また9月末の時点で、56人がデング熱関連の病気で死亡たという。疾病管理センターは、台風の時期が、蚊が媒介する疾患の予防および制御のための重要な時期であり、蚊の幼虫の侵入や繁殖を防止するために、環境をクリーンアップするよう人々に促している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存