【フィリピン 1日】 外国人誘拐犯はスールーに潜伏か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

デュテルテ市長は、身代金目的の誘拐グループは外国人3人とフィリピン1人を人質にしているという。ダバオ市長のロドリゴ・デュテルテ氏は、外国人3人とフィリピン人を誘拐した犯行グループは、先週サンボアンガへ飛んだと推測している。地方政府筋によると、被害者はダバオ地域を離れ、アブサヤフ・グループの本拠地であるスールーに潜伏していると判明したという。人質となっている被害者たちは、ホリデーオーシャンビューリゾートで少なくとも20人の武装した犯行グループによって誘拐されたが、フィリピン海軍の船追跡システムで監視することができたとされ、サマル、ダバオ、ガーデンシティと追跡した。海軍諜報報告書は、後でリオ・デル・ピラールにて犠牲者のうちの一つの携帯電話からの信号を受信したことで位置確認ができたが、正確な場所はわからなかったという。これまで犯行声明は出されていないが、デュテルテ市長は、スールーに身代金目的の誘拐グループは被災者を人質にして立てこもっていると確信しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存