【台湾 29日】 交通機関はほぼ正常に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ドジュァン台風が台湾を直撃し、台北の地下鉄システムは全面ストップとなっていたが、一部の路線では29日早朝から復旧し、運転を再開するなど、各種交通機関は徐々に正常に戻ってきている。まず台北鉄道公社はウェンフゥラインとブラウンラインが、29日の朝から運転を再開。台北松山空港の近く一部を除き、26キロのラインはほぼ全面復旧した。他の路線も早急に全面復旧するという。台湾高速鉄道は、台湾鉄路管理局が、正午すぎに台湾の西海岸路線の急行列車のサービスを再開すると発表している。台湾東部における高速鉄道も徐々に正常に戻っており、本日中には全面復旧するという。台風は台湾東部に28日の夜に上陸し、島全体に雨を大量に降らせ、29日早朝に通過した。台湾北部に人口密集地があるため、台北、新北、桃園の各都市の学校やオフィスでは29日の閉鎖を発表していたが、極端な交通混乱は回避され、閉鎖も解かれる模様だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存