【フィリピン 29日】 フィリピンのGDPを高める2016年大統領選挙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

大統領候補と副大統領候補は、そのキャンペーンに国内総生産の10億ペソを0.08 %上昇させるという。2016年5月9日に予定されている大統領と国政選挙は、国の経済成長を後押しすると、スタンダード・チャータードは述べている。「フィリピン – 選挙年の経済動向」と題されたこのまとめでは、東南アジアのスタンダード・チャータードのエコノミストは、フィリピンの国内総生産(GDP)成長率はが今年の予測5.7%から来年6%に加速すると述べている。経済にさらに、間接的または二次的な影響は、製造、通信、および政府サービス部門が高く、他のセクターからの受注を受けるだろうという。これは、順番に、一次産業、ユーティリティ、および貿易セクターからのより多くの需要を示しているという。そして、フィリピンのGDPの0.34%ポイントを増加し、その結果、国内の支出に加え、13.5億ペソ( 約2億8800万ドル)を示した2010年を上回るだろうと予測されるという。研究はさらに政府サービス、製造、および民間のサービスは支出の増加から最も恩恵を受けたことを明らかにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存