【フィリピン 28日】 政府はレイエス兄弟の特別な処理を主張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ジャーナリストジェリーオルテガの2011年の殺害で疑惑の首謀者であるレイエス兄弟は、プエルトプリンセサ市の刑務所で記者会見を行った。マラカニアン宮殿は、かつてのパラワン知事ジョエル・レイエスと旧コロン市長マリオ・レイエスに与えられた特別な治療の報告を調査することを、27日決めたという。レイエス兄弟は拘禁下にあるにもかかわらず、プエルトプリンセサ市で記者との記者会見を開催。記者会見は、都市刑務所のオフィスで開催された。フィリピン国家警察犯罪捜査と検事グループエージェントは、以前のレイエスはプエルトプリンセサ国際空港で兄弟の到着時に記者団への会見を拒否していたが、今回は何か思惑があるのだろうという。レイエス兄弟は拘留受刑者であり、それゆえ、ケースが保留されている唯一の裁判所は、必要なアクセス権を発行することができ、病院での逮捕をデ・リマ長官は、任意のこのような運動に対し政府の対応を非難している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存