【台湾 24日】 台風が中秋の名月を襲う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

24日、深刻な熱帯暴風雨ドジュァンが現在の軌道を維持した場合、台湾北部の人々は27日の中秋の月祭を楽しむことができない場合があると、中央気象局が述べた。24日の夜の時点で、台風の目は時速6キロの速さで西へ移動し、台湾の1200キロ東南東にあった。 ドジュァンは最大風速33メートルの突風で、平均風速25メートルを継続しているという。多くの国民が熱心に9月27日の夜の壮大な今年最大の満月を期待しているが、気象庁は、海岸や川岸に沿っては洪水が起こる可能性もあると嵐の警告を行っている。台風は予報によると、月の祭りの祝いを台無しに可能性があり、集中豪雨をもたらし、28日に最も台湾の近くを通過するだろうと予測されている。秋には、いくつかのアジアの国々で祝われているムーン・フェスティバルは、西部太平洋の台風シーズンが通常6月から11月初旬まで続くので、破壊される危険が常にある。過去25年間で、台湾は月祭の日に台風で二回ヒットされ、1991年9月22日のナット台風と2008年9月14日のシニアク台風によってであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存