【台湾 23日】 消息を絶ったAT-3航空機の捜索が続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

AT-3空軍士官学校の訓練航空機が通常訓練飛行中に、管制官との交信を断ち、22日から2人のパイロットが行方不明になっている事件の捜索が進んでいるが、2人の安否はまだ確認されていない。華東防衛司令は軍人60人を派遣し、航空機が最後にレーダー画面で確認された現場近くの領域に間も無く到着し、捜索が始まると語った。また地上での捜索活動に加えて、空軍はEC225救助ヘリコプターとS-70Cレスキューチョッパーを展開しているが、現時点では何も見つかっていないという。現場周辺には重い雲が覆っており、ヘリコプターが捜索救助作業を行うために低い高度で飛行することが困難になっているという。空軍は、捜索を続行するには、翌朝、別のS-70Cを派遣することが望ましいという。交信を絶った同機は、過去3ヶ月間の飛行記録では異常はないが、現在万全を期してAT-3航空機関連のすべての訓練は中断されているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存