【台湾 21日】 著名な台湾オペラ劇団がロサンゼルスで初公演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

19日、台湾のオペラ劇団ミンファユァン芸術文化グループは、ロサンゼルスの1000人以上の聴衆の前で初のパフォーマンスを行った。イーストロサンゼルス・カレッジでのショーでは「おしどり夫婦スピアーズ」と「帝国の将軍」という、台湾で最も高く評価されているオペラ劇団ミンファユァンの代表作が公演された。「おしどり夫婦スピアーズ」は武術の訓練を受けて槍の名手となった茶屋のオーナーの娘が、彼女を倒すことのできる人と結婚するという話。また「帝国の将軍」は、中国武術の伝統的なオペラを兼ね備えたもので、作品中のアクションシーンは、要塞の壁を梯子を使って登った中国の古代戦争に触発されて作られたものだという。1929年に設立されたオペラ劇団ミンファユァン芸術文化グループは近代的な技術と洗練されたストーリーテリングのスキルを通じて伝統的なオペラ芸術形式を復活させている。今回の海外公演では、ロサンゼルス、ヒューストン、シカゴ、ボストンなど北アメリカの12都市へツアーを行い、ロサンゼルスはその皮切りとなったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存