【台湾 21日】 新北市でインドネシア文化祭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

新北市エリック・チュー市長は、インドネシアの文化祭を20日に新台北で開催し、イベントによってより多くの台湾人がインドネシアの文化を理解するのに役立つよう心がけたという。新北市政府と台北インドネシア経済貿易事務所が共同主催したこの祭りは、ダンスや音楽のパフォーマンスを特色にし、健康診断やマッサージといったイベントも行われた。新北市政府市民広場で行われ、多くのインドネシア人労働者、新しい移民や台湾の国民を集めて、盛大に開催されたという。祭りに参加したチュー市長は、台湾、インドネシアは重要な貿易パートナーであると語り、毎年恒例となったこの祭りでは、台湾の市民がインドネシアの文化の理解を得るのを助けると期待していると述べた。新台北には、現在36,000人以上のインドネシア労働者と、4,000人近いインドネシアからの移民がおり、市長は、これらの人々は豊かで多様な文化を作っていると付け加えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存