【フィリピン 15日】 民族主義人民連合メンバーがネグロスオキシデンタルを自由推薦地域に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

来年の大統領選にて前国務長官のマヌエル・ロハス氏を推しいるネグロスオキシデンタルの民族主義人民連合の一部メンバーが、党指導部が決めるべき候補者選出の「フリーゾーン」として宣言することを求め、他の候補者を支持することを明らかにした。カバンカラン市長のイシドロ・ザイコ民族主義人民連合地方会長は、宣言したメンバーが、異なる候補者を支持してもロハス氏のサポートを行うと語った。しかし前知事であるザイコ氏は、州内の党員の一部が2016年の大統領選に支持する人物をそれぞれの自由意志で行うことも尊重するとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存