【フィリピン 31日】 元フィリピン大統領が、中国の抗日戦争勝利70年のパレードに参加表明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

元フィリピン大統領ジョセフ・エストラーダ氏は、マニラと北京間の西フィリピン海での領紛争の緊張にもかかわらず、中国の抗日戦争勝利70年の巨大な軍事パレードに参加すると、31日に同氏の報道官が述べた。しかし、不正蓄財という不祥事を起こした元大統領はマニラの市長としてではなく、国の代表として出席するとし、中国から招待を受けて訪問するという。また、マニラと北京は姉妹都市であり、市長としても役割があるとしている。エストラーダ氏は、1998年に大統領に選出されたが、2001年不正蓄財疑惑により議会から弾劾の訴追を受けている。元トップ映画スターでもある同氏は、31日に中国に向けて出発し、9月6日に戻る予定だという。現在、ブルネイ、マレーシア、台湾、ベトナムとともに、フィリピンは中国と領海問題で矛盾する主張を持っており、今回のエストラーダ氏の独断的中国訪問が物議をかもすことは避けられない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存