【フィリピン 28日】 アンソニータベルナのコーヒーショップでの拳銃発砲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

武装集団が28日、BS-CBNテレビやラジオのアンカーを務めたアンソニー・タベルナ氏が、先週新しくオープンしたコーヒーショップで発砲した。この発砲による負傷者は出ていない模様。28日の午前2時ごろ、ケソンシティ、ビサヤアベニュー沿いのコーヒーショップで、少なくとも4人の武装した男たちが、夜明け前の攻撃に関わったという。警察によると45口径の銃から少なくとも15発発砲した模様だ。タベルナ氏は、まだ開店前だったが、コーヒーショップの警備員が無事だったことだけでも良かったと語っている。現地警察は、逃走した犯人グループを捜査するとともに、攻撃の背後にある動機を調べているという。推測されることとしては、タベルナ氏が、偶然にも101年前に結成されて以来最悪の危機に巻き込まれているイグレシアNIクリスト教会の教徒だということだが、全く定かではない。タベルナ氏は、自宅軟禁下に家族を置いていた同教会のリーダー、イザヤサムソンジュニアとは相対し非難する立場を取っており恨まれる根拠が不明だ。ただしサムソンが逮捕されたことで、サムソン側の人間が、自分たちの信仰に反するものとして天罰的な行為として行った可能性はある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存