【台湾 26日】 子供のインターネット問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

子供やティーンエイジャーなど未成年者をターゲットに性的搾取をする主要なチャネルととしてオンラインネットワークがあがっている。今年6月からから8月の間に行われ、26日に発表されたホープ財団の調査によると、すべての性的取引の被害者として記載された69人の回答者のうち、26.1パーセントは、彼らが性的取引にだまされたか脅迫されたと述べていることが示されている。調査によると、43.5パーセントはインスタント・メッセージング・ソフトウェアを介し、24.6パーセントが出会い系サイトから、11.6%がポルノサイトを通じて、性産業に関わったという。データはインターネットが未成年の性的取引に魅了されるときに通過する主要な導線となっていることを反映しているという。オンラインセックスがトレンドに成長しているように、法執行部門は子供やティーンエイジャーの性的取引を取り締まるすることは簡単ではないという。調査では、回答者の67.2%が性的嫌がらせや性的やりとりの中で相手によって虐待され、59.4%が脅かされたか、または相手によって、物理的に被害を受けていたとし、48.4%が個人の自由を奪われていたという。また、33.8%は、麻薬中毒にされそうになったと述べ、13.8%が自殺に追い込まれたと述べ、70.3%は、人間としてまともに取り扱われなかったと述べたという。調査では、性的取引の最も一般的なタイプは援助交際サービス(42%)を介していたことがわかっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存