【台湾 25日】 台南のデング熱による死亡が4人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

25日、南部の自治体で今年これまで4つにデング熱が原因とする熱帯病によるから死亡者数が報告され、台南で2人の命を奪ったと市政府が発表した。すべての4つのケースは慢性疾患を持つ70歳以上の高齢者であったとも市政府は述べている。過去一週間にわたって発生した最新の2つの死亡例は、2人とも街の北地区だったという。 1人の患者は71歳の女性で他の78歳の男性だった。台南市内の保健所によると、24日の段階で、デング熱の症例数は1974人を記録し、この夏台湾の蚊が媒介する病気の最悪の流行となっているという。また全国的には、同症例数な2360人になっていると報告されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存