【台湾 24日】 台湾の姉妹がシンシナティ・マスターズで女子ダブルス優勝の快挙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

24日、台湾の姉妹チャンヨン・ジャニュアリーとチャンハオ・チンは、23日のアメリカオハイオ州シンシナティで開催されていたでWTAプレミアトーナメントのファイナルに残り、女子ダブルスを獲得した。姉妹ならではの完璧なコンビネーションプレーを発揮したチャン姉妹は、オーストラリアのケーシー・デラクアとカザフスタンのヤロスラワ・シュウェドワのペアを、 7-5と6-4のストレートで破った。シンシナティ・マスターズは、毎年8月に開かれるテニストーナメントであり、四大大会年間最終戦の全米オープン直前に開かれることから、全米オープン前哨戦の1つとして位置づけされている。台湾勢の女子ダブルスの優勝は、謝淑薇が中国の彭帥とのペアで2013年に優勝しているが、二人とも台湾人としては初めての快挙である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存