【フィリピン 24日】 イネング台風による死者は14人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

23日午後6時、イネング台風(ゴニ)の犠牲者は、ベンゲット、マウンテン州、およびイロコス・ノルテ州にて14人に達したと、国家災害リスク削減経営会議が発表している。またこの台風にゆる負傷者は11人であり、マウンテン州のベンゲット、イロコス・ノルテ、イロコス、バタネス、およびカガヤンから出ている。また、ラユニオン、イロコス・ノルテ、およびカガヤンから3人が行方不明との報告が上がっている。イネング台風は現在勢力を弱め、日本に向かって移動している。23日の午後4時ごろ、台風の目はフィリピン北部のバスコ、バタネスの北東430キロにあった。現在はフィリピン全土の暴風雨警報レベルは解除されている。今回フィリピンは、地滑りや洪水を引き起こした台風によって深刻な打撃を受け、この台風の大きさは、毎年フィリピンを襲う約20個の台風の平均値のうち9番目だったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存