【フィリピン 12日】 インドネシア空軍の司令官がフィリピンを訪問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

インドネシア空軍の司令官であるアグス・スプリアトナ大将は、三日間の予定でフィリピンを滞在中。これを歓迎して、フィリピン空軍チーフのジェフリー・デルガド中将は、11日、スプリアトナ大将へ名誉フィリピン空軍金翼章の勲章を授与した。スプリアトナ大将の一行は、表敬のためキャンプアギナルド空軍本部へも訪れた。フィリピン空軍は、定期的に関係を改善するため、ASEAN地域角国の空軍首長を招いているが、今回もその一環であると、空軍報道官のエンリコ・カナヤ中佐は述べている。フィリピン空軍へのインドネシア空軍大将の訪問は両国の空軍間のトレーニング交流プログラムに係る事項の相互関係と協議のいくつかのフォームを継続するものでもあると報道官は伝えた。フィリピン・インドネシア両国では、士官候補生交換プログラムが現在進行中で、昨年8月には、インドネシア空軍士官学校の士官候補生5人が、フィリピン空軍幹部候補生学校にて研修を見学するためにリパ市のフェルナンド空軍基地を訪問している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存