【台湾 10日】 倒れたメールボックスが、郵便局によって救済

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

9日、台北ダウンタウンにある二つの路上メールボックスは台風ソーデラーの暴風雨によってに大きく傾いて破損された状態にあり、廃棄されることが予想されたが、地元住民はこのポストに愛着があり、修復したのち観光スポットとして残していくよう希望し、郵便局もこれを了解して救済することとなった。南京東路と龍江路の交差点に近い2つの倒壊したのメールボックスは、台風が8日午後に海へと去って行った後、廃棄されることを名残惜しむ多くの市民たちによって記念写真がたくさん撮られ、群衆が集まった。市民は、長くここに存在したこのメールボックスに愛着を抱き、それぞれが色々な思い出を抱いており、取り壊さずに残す道を嘆願したという。ただしこれらのメールボックスは、2基ともかなり重大な損傷を負っており今後通常の使用は難しいと思われ、安全な処理が施されたのち、オブジェとして街のマスコットシンボルとして残されるようになるだろうという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存