【台湾 7日】 外国人向け職業紹介所がワンストップ化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

外国人の才能を台湾で適応させ、活かすことを目的として、支援するためのワンストップ·サービス·センターが誕生した。7日、鄧振中経済大臣は、台湾はこの国での生活に適応するために海外から優秀な才能を募集し、その家族を支援するワンストップ·サービスを提供する人材募集センターを設立したと発表し、その除幕式が執り行われた。人材募集センターは、2010年8月8日に始まったInvesTaiwanサービスセンターに新たに併設されたもので、経済大臣は、優秀な人材を募集する台湾の取り組みにおいて、重要な拠点となるだろうと述べた。競争の激しい業界や世界では才能の重要性が必要となり、台湾という国が自身の才能を育成し続ける為に有効であると感じられる国にならなければならないという。そして世界中から各分野のトップの人たちから見ても魅力的でなければならないし、そのために新しい機能が加わったという。経済大臣は、台湾へ仕事に来るの専門家は、ここでの生活に慣れて居住も考える可能性が高いと述べている。そのためにも彼らの日常生活の中で、作業で遭遇する問題を解決するためのワンストップソリューションとしてセンターが利用されるようになりたいという。新しい才能募集センターは外務省と経済部リクルート課のウェブサイトの海外版にて見ることができ、台湾の65の主要な企業が参画しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存