【台湾 1日】 火傷被害者のための中国側援助を期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

野党民主進歩党政治家は、火傷の患者に対する皮膚の寄付を中国が提供している場合、台湾は申し出を拒否してはならないことを発表した。皮膚の寄付の問題は人道問題であると、謝長廷元首相と民主進歩党の議長は、党の会合で語ったという。会議では、この問題に対処するための苦労として、国民党朱立倫会長は、死体皮膚の中国による供給はなくてはならないものと語っている。海峡交流財団は、中国当局にこの要求を伝えるために、中国本土の総務副会長である花王元副大臣に求めたと述べた。火傷患者の治療に中国の専門知識を共有して成果を上げていることを記者団に語り、すべての必要な医療支援をできるだけ早く台湾に供給できることを願うと語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存