【台湾 1日】 高雄に建てられた世界最大の垂直庭園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台湾の指定廃棄物処理事業は、南部の都市の岡山区に世界最大の垂直庭園を造ったことを1日、発表した。廃棄物処理を行うクリーナウェイ社の外壁を用いて形成された垂直庭園は、約300平方メートルという規模を誇ったシンガポールのCDLツリーハウスの緑の壁が樹立した世界記録を遥に上回る、2594平方メートルを測定した。クリーナウェイ社の楊慶祥取締役会会長は、この緑の壁の建設は、肖像画の美しい背景を形成するために、10万品種以上のさまざまな植物を使用して、約2ヶ月かけて出来上がったという。また、この廃棄物処理事業に対する一般国民の印象を改善するためにも、環境保護を推進する目的で大規模な緑の壁を確立することを決めたと述べた。同廃棄物処理場では、汚染物質を無害資源へと変換することができる洗練された技術を所有しているとも、同会長は強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存