【台湾 30日】 台湾、AIIBに不参加の模様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

30日、台湾財務省は、これまでもいくつかのメディアが報じているように、今後の危険回避として、アジアインフラ開発銀行(AIIB)への参加を見送ることを明らかにした。財務省担当者によれば、AIIBを率いている中国は、国家主権をかざして独走することが容易に考えられ、国際関係の均衡をはかるというような責任ある行動は期待できないとして、今回の判断となったという。野党民主進歩党の阮昭雄報道官は、いくつかの国際的なメディアは、台湾、香港、マカオのために有益であるとして支持している、と質問したが、財務省はこれを否定し、台湾経済をおとしめる可能性が高いと評価した。また、台湾は主権国家であり、我が国の威厳と主権が活かされない場合、台湾のAIIBへの参加はありえないとも語っている。もし台湾がAIIBに加わるとした場合、台湾を独立国家として認めていない中国は、「中国台北」として表記/扱うことになり、これは現在の台湾にしてみればとても受け入れられることではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存