敬老の日を手作りスイーツで祝おう

  • 敬老の日の意味を見直してみましょう

    • 少子高齢化が進む中、高齢者が活躍するシーンが増えてきています。

      一方で、核家族化や一人暮らし世帯が増加している現在、お年寄りを敬う気持ちが少なくなっている現実があります。

      敬老の日に関するお悩み解決にはこちらです。

      さらに、インターネットで簡単に情報検索できる今、お年寄りの経験に基づいた知識や知恵に学ぼうという姿勢が減じていることも確かです。そんな状況にあるからこそ、改めて敬老の日の意義について考えてみる価値があるのではないでしょうか。
      敬老の日とは、長年社会に貢献してきたお年寄りを敬い、長寿を祝う日とされています。
      この日の由来は、兵庫県で始まったとしよりの日が老人の日に変わり、敬老の日に改名されたことにあります。
      なぜ9月の半ばに制定されたのかという理由は諸説ありますが、聖徳太子が悲田院と呼ばれる今でいう福祉施設を建てた日や、元正天皇が万病を治すと言われる岐阜県の養老の滝を訪問した日が、9月15日だったからという理由などが存在しています。いずれにしても、日本の伝統に由来している大切な行事としてとらえることができます。さて、敬老の日の祝い方ですが高齢者の長寿化が進んでいる今、難しい側面もあります。

      おとしより扱いされたくないという方も少なくないからです。



      ですが、一般的にお孫さんから祝ってもらって嬉しくないおじいちゃんやおばあちゃんはいません。
      ですから、孫からおじいちゃん、おばあちゃんに向けて何かプレゼントを渡すというやり方や、家族全員で美味しいご飯を食べるといった家族のふれあいの儀式として行うのが現代流になります。



      日頃からどんなプレゼントや食べ物が好きなのかを把握しておくことが、大切になるでしょう。