敬老の日を手作りスイーツで祝おう

敬老の日の起源について

一年に一度の敬老の日には、自分の両親や祖父母に喜ばれるプレゼントをおくったり食事に誘って感謝と気遣いを示します。
また、デイサービスなどの介護施設では職員さんが年配の利用者さんのために、写真入りのメッセージをわたしたりイベントを催してお祝いをします。

この日本を作りあげてくれたのは、今の高齢者ですので敬老の日には特に深い敬意と感謝を表したいものです。

敬老の日についての総合情報ポータルサイトです。

それにしてもこの敬老の日はいつ始まったのでしょうか?それは、昭和22年兵庫県多可郡野間谷村で「お年寄りを大切にしてお年寄りの知恵を生かした村つくりをしよう」というかんがえのもとに「としよりの日」が提唱されたのがきっかけとなり、それが兵庫県全体に広がり次第に全国に広がりました。それから「としよりの日」という呼び名ではなく、もう少し良い名前にしようということで、昭和39年に今と同じ呼び名である「敬老の日」に改名されました。

昭和41年には国民の祝日法の改正により、「老人を敬愛し長寿を祝う」ということで国民の祝日になりました。



昔の人は農作業をすべて人間の手で行い、農業をはじめとして生活すべては手作業でしたので、60代になると腰が曲がる人が多く見られましたが、今の60代、70代、80代はとても若く高齢者と呼んでいいものか?と感じることさえあります。



しかし、ご年配の方には若い人と比べ物にならないほどたくさんの知恵と知識が詰まっていますので、敬うに値するといえます。


  • 敬老の日の知りたい情報

    • 敬老の日と言えば、おじいちゃんやおばあちゃんに感謝したり、長寿をお祝いする日だと知っている人も多いでしょう。この日には、日本の各地の公民館などで敬老の日を記念した集まりが開かれることも多いです。...

      detail
  • 敬老の日の情報分析

    • 少子高齢化が進む中、高齢者が活躍するシーンが増えてきています。一方で、核家族化や一人暮らし世帯が増加している現在、お年寄りを敬う気持ちが少なくなっている現実があります。...

      detail
  • 敬老の日について情報

    • 昨今は二世帯住宅が多くなり、幼いお子さんとおじいちゃん・おばあちゃんが一緒に暮らす環境となりました。1980年代から1990年代は核家族化が著しかったのですが、少子化の影響が大きくなり同居を選択なさる方が増えたということでしょう。...

      detail
  • 敬老の日の秘訣

    • おじいちゃん・おばあちゃんが大好きなお子さんは多いことでしょう。生まれたときに心から祝ってくれる存在であり、末永く幸せに暮らせるようにといつも気にかけてくれる方々です。...

      detail